ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編 前編
(2017年7月2日放送分)

ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編 前編

ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編 前編 感想

前回あかねちゃんと結婚して酒蔵を継いだところで終って、この先どうなるのか見てみたかったら、前編後編で戻って来たので、とても楽しみでした。

モノレールが通るので酒蔵を閉める話から始まり、このドラマのスタイルのドタバタが今回も面白いです。

学年主任になっていた山路と結婚式以来会ってなかったと言う設定に驚きました。

まりぶも大学を卒業して、正和が働いていた会社の後輩の山岸との絡みも、以前のチンピラ風で良い味出してるし、中国人の奥さんのキャラクターも変わってなかったです。

あかねちゃんの誕生日を忘れ、妊娠にも気づいてない正和と、突然小学校を辞めて帰ってしまった山路に一体何があったのか。

新しいマンションを見に行った坂間ファミリーの様子や、豊臣と言うたった一人残った従業員、新しい出演者が個性に飛んでいて、それぞれその出演者の場面も楽しんで見れます。

居酒屋の従業員の人達の言葉のかけ合い、山岸へのイジリ、前回の面白さそのままで後編どう話を展開して行くのかとても楽しみです。