愛してたって、秘密はある。 1話
(2017年7月16日放送分)

愛してたって、秘密はある。

愛してたって、秘密はある。 1話 感想

母親に暴力を振るう父親、命が危ないと思って、助けようとして、不幸にも父親を殺してしまった。。。

いや、きっとその時の藜にはそうするしかなかったのかもしれない、だからこそ藜は綺麗事だと言われようとも、自分がどうしようもなかったから、自分のことを救うためにも、自分の事を正当化するためにも罪を犯した人の気持ちに寄り添いたいという考え方になったのかなと思いました。

でも、罪は罪、殺した事を埋めて隠しても罪までは無くならない、なかった事にはできないのだと思い知らしめるかのような、庭に埋められているお父さんに彼女は紹介しないの?というメール。

誰が藜の秘密を知っていて、何の目的でその秘密を数年経った今になって掘り起こし始めたのか気になります。

まず一番に怪しい感じに描かれているのはやっぱり果凛でしょうか。

何やら意味ありげに見えたのですが、ラストシーンで遺体を掘り起こされた跡があったので、協力者でもいないとなかなか難しそうですよね。

そしてもう1人個人的に気になったのは虎太郎、爽に本当に結婚するのかと言いかけていたシーンが秘密を知っている様に見えました。

なかなかスリルのある展開に続きが気になります。