ごめん、愛してる 2話
(2017年7月16日放送分)

ごめん、愛してる

ごめん、愛してる 2話 感想

余命宣告を受け、捨てられているにも関わらず、自分の母親像を勝手に想像して。。

自分は愛されていたのにお金に困って母親は自分を手放す他なかったんだと、疑いもせずに母親に会いに行った律が、その彼女に汚いものを見るかの様に突き放された時の思いはどんなだったかと思うと、胸が痛くなります。

加賀美の言うことを全て鵜呑みにはできないけれど、捨てられたという事実は動かせないので、麗子の真意が気になります。

サトルの運転手としての面接に行った律に、クソババアと言われた後の麗子の表情、ひょっとして律のこと、何か勘付いているのかなとも思えました。

麗子の三十代の頃の自殺未遂、回想シーンで律を施設の前に置き去りにしている様子の恒夫、本当は律を手放したくなかったのにそうせざるを得ない状況に置かれてしまったのか。。

無理やりそうさせられたのか、だから自殺未遂までしてしまったのかもしれない、律のためにもそうであって欲しいと思わずにはいられません。

ごめん、愛してる 動画視聴

「ごめん、愛してる」は下記のサイトで視聴できます。
見逃してしまっても安心 (・∀・)b

※ 金額は1話あたりの料金です。
※ このページの情報は2017年7月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。